避妊薬ピルの種類と効果について

图2避妊薬ピルとは
避妊薬ピルとは、望ましい妊娠を避けるために使われている薬です。市販の避妊薬ピルはほとんど女性用のものですが、男性用の避妊薬は少ないです。以下、紹介したい避妊薬ピルは女性用の避妊薬ピルをさします。

避妊薬ピルは主に黄体ホルモンと卵胞ホルモンという二種類の女性ホルモンを含んでいます。この二つの女性ホルモンによって、女性体内のホルモン量をコントロールして、排卵を抑制したり、受精卵の着床を妨げることを通して、避妊の効果に達します。

避妊薬ピルの種類
避妊薬ピルの種類について、主に低用量ピルとアフターピルという二種類があります。低用量ピルは経口避妊薬とも呼ばれています。いい避妊効果を得るために、低用量ピルは毎日一回服用する必要があります。低用量ピルは排卵を抑制し、子宮内膜の増殖を阻害する作用がありますから、避妊効果が期待できます。

アフターピルはモーニングアフターピル、また緊急避妊薬とも言います。アフターピルは一般的にコンドームが破れた、また不注意に性行為を行った場合でよく用いられている避妊薬です。アフターピルの効果について、主に受精を妨げる、子宮への受精卵の着床を阻止することで避妊効果を実現します。

低用量ピルとアフターピルの比較
低用量ピルとアフターピルの作用機序が似ていますが、両方は女性ホルモンに作用することで、排卵を抑える効果があります。しかし、低用量ピルとアフターピルに含まれている女性ホルモンの量は異なっています。低用量ピルの場合、50マイクログラム未満の女性ホルモン量を含んでいますが、アフターピルは中用量ピルに属して、含まれている女性ホルモン量は50マイクログラムになります。それで、両方は避妊の効果、服用方法、安全性などの方面に違うところが存在しています。

効果の比較
低用量ピルは主に排卵を抑制することで、避妊率がほぼ100%に近いと報告されています。アフターピルの効果は服用時間に密接な関係がありますから、規定の時間内で服用したら、避妊率は80%に達することができると言われています。

服用方法の比較
低用量ピルは毎日服用しますが、即ち性行為の前に服用します。アフターピルは緊急避妊薬として性行為の後に服用します。また、アフターピルの服用時間が厳しい制限がありますから、決められていた時間外で服用したら、効果が現れてないこともあります。

安全性の比較
低用量ピルは日本で安全性が高い避妊薬とされています。アフターピルは激しく体内のホルモンバランスを壊すことができるために、副作用が出る可能性がもっと高いと言われています。

 

低用量ピルオススメ:避妊ピル購入|低用量ピル・JPDrug

アイピル

トリキュラー

ロエッテ